読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

manon4536の日記

膀胱直腸障害の介護士です。

膀胱直腸障害の介護士 ⑤

リハビリしながら^_^;

診察受けながら、

周りから、

 

もう介護士は無理でしょう

 

と言われた。

 

なんで?

やるよ(^^)

 

が私でした。

 

医療事務や、一般の仕事。

色々考えていた。

 

でも、まだ、ちゃんと介護士の仕事終えてない!

中途半端は嫌だと思った。

 

介護士する前はバスガイド。

15年働いた中、目的地は10年でたどり着き^_^;

どう仕事をするしたらいい?な中ではあったが、業界に押し寄せる格安ツァーにヘキヘキf^_^;安全無視な世の中に本当に格安で命取られたら嫌だと辞めた。

 

辞めてからやはりバス業界、ツァー会社の闇

 

格安と生命がやっと問われる時代になってきた。

 

介護士になろうは、阪神大震災

被災者です(;^_^A

 

人を抱き起こす事を私は出来るだろうか?

非常事態に生きているなら何をするかなど、色々思い、看護士には学がないから慣れないが、介護士ならなれるかもとヘルパー2級ラッシュな時に潜り込んセーフ

 

ちなみに阪神大震災以後、虫やテントに慣れようとインドア派だったわたしはアウトドアの扉開け飛び込んだ(^^)

 

都会から田舎へと長野県へ。

 

ヘルパー2級も取った。

特養にすぐ就職。

のち勉強に老健へ。そして養護でヘルニア大爆発。

介護ってなに?

 

な中、椎間板ヘルニアになり、介護される側になったわけですが、その経験から、介護するというのは、安心が大事と。

 

どうしたら、その人が安心できるかと考える事になり体の不調からダイレクトにどうしてほしいか出てくる。

しかし、笑顔で答えてくれない、上辺の言葉などは、本当に突き刺さるのだ。

 

私が仕事をするなら、安全してもらえるようにしなければならない。

 

そんな思いも浮かんだ。

だから、ちゃんと介護士の仕事をしなければ、私は介護士になれないと。

 

介護士はできないなんて、私はまだ決めていない。

やるんだ!やろう!

なんとかなる!

 

とリハビリ頑張り、自分の体で実験もいっぱいした。

 

続く